金沢の歯科・歯医者・矯正歯科なら金澤むさし歯科医院まで

診療時間
09:30~12:30 - -
14:00~18:30 - -

☆…金曜午後は17時まで / △…土曜午後は16:00まで

076-222-0418

〒920-0855 石川県金沢市武蔵町1-14 [MAP]

矯正の知識Q&A

矯正の知識Q&AORTHODONTICS Q&A

  • Q.大人になってからの歯列矯正について
    A

    大人になってからの歯列矯正は、骨が固まっているため、時間も費用もかかります。大人になってから歯にブラケットやワイヤーが装着するのは、見栄えが悪くなるだけでなく、食事などにも支障をきたします。歯や顎が柔軟な幼少期に歯列矯正を行うと、永久歯がバランスよく生え揃い体全体の健康を維持することにもつながります。

     

    しかし、金沢市内で信頼のおける歯医者を探すことは困難なことです。金沢市から高い交通費をかけて遠方にある歯医者へ歯列矯正のためだけに通うのも面倒なことです。ですが、金沢市内でも最近では歯列矯正の治療に関して経験豊富な歯医者が増えています。金沢市の歯列矯正で有名な歯医者の一つに金沢むさし歯科医院があります。

     

    金沢市にある金沢むさし歯科医院では、分かりやすい料金体系としっかりとした相談・見積もりで安心して矯正治療に取り掛かることができる歯医者です。

     

    子供歯の矯正は、1期治療と2期治療があります。1期治療とは、完全に永久歯に生え変わっていない5歳から9歳頃の時期に行う歯列矯正で、永久歯が曲がって生えてこないようにしたり、顎のバランスを整えて噛み合わせを整える効果があります。

     

    そして、2期治療は、1期治療の矯正具合を見て行います。

     

    子供のうちであれば、ワイヤーやブラケットを使った歯列矯正ではなく、マウスピースを使った歯列矯正もお勧めです。金沢市の歯医者のなかでも、マウスピースを使った歯列矯正の治療を金沢むさし歯科医院で受けることができます。目立たず、取り外しが可能なマウスピースは、主に就寝時に装着して矯正する方法なので、日中は歯列矯正の違和感に悩まされることなく治療することができます。金沢市の金沢むさし歯科医院という歯医者では、ワイヤー矯正とマウスピース矯正を組み合わせたり、マウスピース矯正のみなど、歯の状態に合わせた歯列矯正を提案してくれる歯医者となっています。

     

    マウスピース矯正は、食事や歯磨きの際に取り外すことができるため、口の中を衛生的に保つことができる反面、装着の仕方を間違えると治療が長引くといったデメリットや、全ての方に適用できる治療方法ではありません。

     

    ワイヤー矯正は、不便そうに見えますが、大きく歯を動かすことができます。歯列矯正の期間を短くしたい場合は、ワイヤー矯正の方がお勧めです。金沢市でマウスピース矯正を検討したい方は、マウスピース矯正の知識と技術だけでなく、ワイヤー矯正の知識と技術も持っている歯医者を選ぶことが重要です。

  • Q.乳歯から永久歯に生え変わるタイミングで歯並びは良くなりますか?
    A

    歯並びは食事をする場合だけでなく発音や体の健康にも大きな影響を与える非常に重要なものだと言えます。

    基本的に人間は乳歯から永久歯に生え変わりその永久歯を一生使用していくことになるわけですが、問題となるのは永久歯の歯並びがそのまま生活に影響を与えてしまうということです。よくある質問に乳歯から永久歯に生え変わるタイミングで歯並びが良くなるのかどうかというのが有りますが、これは乳歯自体の生え方や生え変わるタイミングによっては永久歯の歯並びがガタガタになってしまうこともあります。これは乳歯自体がもともと歯並びが悪い場合、その場所に生えてくる永久歯は乳歯の歯並びに沿って生えてくることになるため、乳歯がちぐはぐに生えていれば永久歯もその影響をもろに受けることになるわけです。

     

    乳歯の生えかわるタイミングによっても永久歯の生え方は変わってくるため、タイミングよく乳歯が抜けて永久歯に生え変わってくれれば歯並びの良い状態で永久歯に変わることもあります。しかし現在の子供の場合、顎の骨が昔に比べて細くなっているため、どうしても生え変わりにより大きな永久歯が生えてくると歯並びが悪くなる可能性が高くなります。そうなると放っておけば歯並びの悪い状態で一生過ごすことになるため、歯医者で歯並びの矯正を行う必要が出てきます。

     

    歯医者で歯の矯正を行う場合には長い治療期間と費用が必要になるため、適切なアドバイスや処置をしてくれる歯医者を探すことも必要となります。金沢市の金澤むさし歯科医院という歯医者は、この歯並びに対する適切なアドバイスを行っており、歯並びを矯正する矯正治療も行って理ます。適切なアドバイスや矯正治療のメリットやデメリットもきちんと患者に伝えて納得したうえで治療を開始するため、患者側も非常に安心して矯正治療を任せることが出来ます。矯正治療の場合長期的に歯の管理をお願いすることになりますし、定期的な歯並びの確認と矯正治療の修正なども必要となるため、いかに信頼できる歯医者を探し出せるかが重要となります。

     

    出来れば乳歯が生えている間に歯医者でその状態を見てもらうことも必要ですし、乳歯が抜けて永久歯が生えてきた時点での歯医者でのアドバイスや状態の確認なども歯並びを良くするためには必要な事ですので、歯並びを良くしたい場合には信頼できる歯医者を見つけ、適切なアドバイスや処置を行って貰うようにしましょう。

  • Q.保険の矯正治療はありますか?
    A

    歯の矯正を歯医者で行う場合、やはり気になるのが矯正治療に必要な治療費の問題だと思います。

    基本的に歯医者で矯正治療を行う場合には保険適用の場合と保険適用外の場合の2種類の矯正治療が有ります。

    保険適用であれば保険で定められた負担割合で済むため、歯医者での矯正治療への負担も非常に少なくなりますが、保険適用外の矯正治療の場合は、全ての費用を患者が自己負担する必要があるため、どうしても家計への負担が重くのしかかります。その為矯正治療を始める前に歯医者で保険適用の矯正治療かどうかをきちんと聞き、納得した上で治療を始める必要があるわけです。

     

    一般的な矯正治療、歯列矯正に関しては自由診療と呼ばれるものにあたるため、保険の適用外となるので基本的には全て自己負担での治療となります。場合によっては高額医療の医療費控除が可能になることもありますが、それに関しても適用される場合と適用されない場合があるため、100%控除されるわけではありません。ではどのような矯正治療が保険適用となるのかと言えば、生まれた時点で何かしらの異常がみられる場合で厚生労働大臣が定める23の先天性異常に該当する場合と生活に支障をきたす顎変形症にあたる場合は保険での矯正治療が可能となります。

    まず23の先天性異常や疾患にあたるのは唇顎口蓋裂や軟骨形成不全症、鎖骨・頭蓋骨異形成やゴールデンハー(Goldenhar)症候群などが該当します。

     

    これらは生まれながらにして異常を伴っている疾患のため、この疾患を治すための矯正治療であれば保険適用となり費用負担も安価に抑えることが出来ます。顎変形症の場合も同様で、顎の変形による噛み合わせ異常は生活に大きな支障をきたすものですので、これに関しても保険適用となります。要するに歯並びが悪いからそれを治すと言った審美治療にあたるものは保険適用外、疾患や変形症といった病気として認定されるものは保険適用となるわけです。金沢市の歯医者である金澤むさし歯科医院では、こういった保険適用の矯正治療に関しても正しく説明していますし、保険適用外の矯正治療に関しても患者が納得いくまで何度でも丁寧に説明を行うスタンスで治療を行っています。

     

    やはり矯正治療というものは高額な費用が必要となりますし、長期間にわたり治療を継続する必要があるので、保険適用になるかどうかを正しく理解することが重要ですし、それをきちんと説明してくれる歯医者を見つけることも、安心して歯医者で矯正治療を行うためには必要不可欠だと言えるでしょう。

  • Q.歯ぎしりの対策について
    A

    ●歯ぎしりの対策について

    歯ぎしりがクセになってしまっている人が実はたくさんいます。歯ぎしりのやっかいなところは、寝ている間にしている事がほとんどなので本人に自覚症状がないところです。原因はストレスが多いと言われているのですが、寝ている間に起こっているので自分ではなかなか治しにくいのが特徴です。もし、歯ぎしりに悩んでいる人は金沢市の歯医者に行く事をオススメします。中には歯ぎしりぐらいと思って歯医者に行かない人もたくさんいますが、あまり良くありません。もし、どこの歯医者が良いか分からなかったら金沢市で調べるとたくさんあるのでオススメです。では、もし歯ぎしりをしてしまっていたらどうしたら良いのか紹介します。

     

    歯ぎしりに気がついたら歯医者に行く事がもちろん大切なのですが、歯医者によっては歯ぎしりにかんして詳しく説明してくれない病院もあるので病院選びは大切です。金沢市にはたくさんの病院があるので自分でも調べてみると良いです。

     

    実は歯ぎしりの治療法というのはきちんとしたものがあるわけではないのです。理由は、薬を飲めば治るものではなく、原因がストレスであることが多いため、ストレスをなくさないとなかなか改善していかないからです。ですので、普段の生活を意識していく事で歯ぎしりの回数が減っていきます。もし、何らかの作業をしているときに歯をかみ締めていることに気がついたら肩の力を抜くと良いです。また、歯ぎしりは寝ている間に起こっていることが多いため枕が高い人は低くするだけでも効果があります。枕を低くする事で口が半開きになる事が多いからです。また、自分に合った枕を使うことも大事なのでオーダーメイドで自分に合った枕を作ってもらう事も大切です。また、布団の中ではつねにリラックスする事を心がけ、寝るときに自分の好きな音楽を聴いたり、本を読んだりストレスが少なくなるようにしましょう。また、対策としてマウスピースをかみながら寝るという方法もありますが、これは歯ぎしりをしたときに歯に負担が掛からないようにするだけで解決方法にはならないので歯医者でもらうのも良いですが、あくまで対処療法として考えましょう。もし、マウスピースが欲しければ金沢市でもらってくると良いです。このように金沢市にはたくさんの歯医者がありますが、自分に合うところを見つけるのが一番良いので金沢市の歯医者を一度自分で調べてから行くと良いです。金沢市には優秀な歯医者がたくさんあるので一度通ってみてください。もし、歯ぎしりをしていたら、まずは歯医者に相談する事が大切なので、放っておかないで金沢市の病院に相談してみましょう。金沢市にはたくさんの病院があるのであなたのお気に入りのところが見つかると思います。

     

  • Q.部分的に歯の矯正することは可能か
    A

    治したい部分に矯正装置をつけて、歯並びを改善する部分矯正という方法があります。矯正を部分的に行うことで、歯列矯正の期間を短くすることができ、費用も安くできるというメリットがあります。

     

    歯医者さんで行ってもらうことができる部分矯正には様々な種類の矯正装置や矯正方法がありますが、一方で、上下の歯をしっかり噛むことができる位置に調整することは難しく、前歯などの歯列矯正はできるけれども歯と歯のかみ合わせには影響しない治療を行ってもらうことができます。

     

    金沢市にある金澤むさし歯科医院はこのような部分矯正治療を行ってもらえる歯医者さんです。部分矯正は、全体的な矯正治療よりも治療期間が短く、全体的な矯正治療では100万円前後する治療費が比較的安価で済むというメリットがあります。また、全体的な矯正治療と比較しても痛みが少ない上、場合によっては治療を行っていることを他の人に気づかれにくいといった利点もあります。

     

    金沢市の金澤むさし歯科医院は部分矯正治療については多くの症例数もあり、部分矯正治療に定評のある歯医者さんです。矯正治療については患者へのインフォームドコンセントを重視し、治療のメリットだけでなくデメリットもきちんと伝えるという説明が行われています。

     

    金沢市の金澤むさし歯科医院は金沢駅から徒歩で約20分、北鉄バス武蔵が辻停留所すぐにあるため、アクセスがしやすい歯医者さんです。長い期間歯にワイヤーを装着することに抵抗があるという患者さんにとてもおすすめの歯医者さんです。金沢市の金澤むさし歯科医院は、患者さんにとって安く、早く、簡単に治療ができるにこしたことはないという考え方に基づいて、患者の満足度を大切にした治療を行っている歯医者さんです。

     

    金沢市にある金澤むさし歯科医院では長期的な歯の管理も責任をもって行ってもらえ、治療後も長期的に虫歯や歯周病の検査や治療などについても任せることができますので、患者も安心して通えます。このように金沢市の金澤むさし歯科医院は部分矯正治療を考えている人におすすめの歯医者さんです。

     

    治したい部分に矯正装置をつけ、歯並びを調整する部分矯正という方法があります。部分矯正は通常の矯正に比べると歯列矯正期間が短く、費用も安いというメリットがあります。金沢市の金澤むさし歯科医院は部分矯正治療については多くの症例数をもち、患者へのインフォームドコンセントを重視した上での治療を行ってもらえる金沢市にある患者満足度の高い歯医者さんです。

  • Q.永久歯に生え変わってから矯正した方がいいですか?
    A

    金沢市内の歯医者で歯の矯正を考慮される人がおられます。しかし矯正はいつ始めたらよいのかで迷っているという人がいるのも事実です。たとえば幼い子供に歯の矯正をさせたほうがよいのだろうかと考えるご両親がおられます。歯の矯正に関しては何歳から矯正を始めるべきであるといった決まりはありません。そのため金沢市をはじめ全国の歯医者は子供の歯の状況を考慮して矯正を勧めることがあります。多くの人は乳歯の矯正は必要なく、永久歯の矯正だけで十分であると考えます。しかし状況によって、金沢市の歯医者は乳歯であっても矯正を勧めることがあります。

     

    しかし多くの場合、3歳から6歳頃の子供の歯に関しては矯正を行わず、状況を観察します。それでも3歳くらいまでに人の顎の形は形成されるために、この年齢に差し掛かったときに受け口や出っ歯、そして極端に噛み合わせがよくないといった状況が生じた場合、金沢市の歯医者にそのことを相談するべきです。乳歯の時点での矯正が進められた場合、治療にかかる費用は永久歯の矯正にかかる費用よりも安いのが一般的です。また治療にかかる時間も永久歯のそれに比べると短くて済みます。そのため受け口や出っ歯などを早めに治しておくことは非常に重要なのです。

     

    先にも述べたように、金沢市の歯医者では乳歯の矯正と永久歯の矯正を異なる治療費で行っています。そのため乳歯と永久歯との両方が口内に存在し、両方が矯正に関わる場合はどうなるのかといった質問が生じます。このようなケースでは乳歯が関わっているので乳歯矯正にかかる治療費が適用されるという金沢市の歯医者もいれば、永久歯と同じ額の治療費を適用する金沢市の歯医者もいます。そのため治療費に関する質問がある場合は、事前にそのことを尋ねるべきです。

     

    これまで見てきたように、乳歯はいずれ全て抜けてなくなってしまうので歯科矯正は必要ないと考えることがあるかもしれませんが、実は非常に重要なのです。顎骨がまだ柔らかいときに歯を矯正しておけば大人になってからでは矯正が難しい受け口や出っ歯を強制できます。また永久歯は乳歯の根を吸い取る形で成長し、生えてきます。そのため乳歯の歯並びがよくないとそれが永久歯にまで影響するのです。そのため乳歯であろうと歯並びに問題がある場合は、金沢市の歯医者で診察を受けることがお勧めです。この段階でふさわしい処置を施しておけば、永久歯は問題なく生えてくることができます。

  • Q.歯並びによって矯正治療の値段は変わりますか?
    A

    金沢市内の歯医者で歯を矯正することを考慮しているものの、その費用がいまいちわからないために困惑しているという人がおられるかもしれませんん。金沢市をはじめ全国の歯医者では様々な方法を用いて歯の矯正を行ってくれます。そしてどの方法を歯医者が選択するかは、歯並びの状況によって異なります。そして行われる矯正法によって治療費や治療期間が異なってくるために、金沢市の歯医者で歯の矯正を考えておられる人はまず自分の歯の状態を診察してもらい、もし歯を矯正するとしたらどのような方法でどれくらいの料金が必要となるのかを尋ねることができます。

     

    金沢市の歯医者をじはじめ、多くの歯医者が用いる歯の強制治療はブラケット矯正と呼ばれるものです。この矯正法は歯に矯正ワイヤーを取り付け、歯並びをきれいにするというものです。これは歯並びが全体的によくない人に用いることができる方法で、昔から今に至るまで金沢市をはじめ多くの歯医者が行っている歯科矯正法です。治療期間は3年ほどで、費用は80万円から100万円かかるのが一般的です。この他にも歯並びが全体的に悪いのではなく、部分的に悪いという人にお勧めの矯正法があります。そのうちの1つは舌側ブラケット矯正です。

     

    一般的なブラケット矯正は矯正器具を歯の外側に取り付けますが、舌側ブラケット矯正は矯正器具を歯の内側に取り付けます。この矯正法は何本かの歯が内側に向かって生えてしまったり、顎が小さいがゆえに1、2本の歯が他の歯の後ろに生えてきてしまったという状況で行うことができるものです。治療期間は約3年で、費用は120万円から150万円ほど高めになります。またいくつかの歯と歯の間に隙間ができてしまい、それを治すための矯正治療でマウスピースを使用したものがあります。

     

    この治療法はマウスピースを歯にはめ込み、歯を少しずつ動かして隙間をなくすというものです。またマウスピースは透明のものが使用されるために、矯正していることが周りの人に知られることがないというメリットもあります。費用は上、もしくは下の歯どちらかで30万円から40万円ほどで、治療期間は6ヶ月から1年です。このように金沢市では様々な仕方で歯を矯正することができます。しかし金沢市には歯科矯正を行っていない歯医者もありますので、その点を思いに留めておき、金沢市内で歯科矯正を行ってくれるところを見つけるようにしなければなりません。そこで診察を受けた後、歯並びの状況や矯正にかかる費用について尋ねることができます。

  • Q.なるべく目立たない矯正方法について
    A

    なるべく目立たない矯正方法に部分矯正治療があります。歯医者さんでの部分矯正には様々な種類の矯正装置や矯正方法があります。部分矯正の魅力としては、治療期間が短く、全体的な矯正治療ほど治療費がかかりません。全体的な矯正治療では100万円くらいはかかってしまいます。また、全体的な矯正治療と比べても痛みが少なく、装置によっては治療を行っていることを他の人に気づかれにくいといったメリットもあります。

     

    金沢市の金澤むさし歯科医院では簡単にできる矯正治療も提供されている歯医者さんです。目立たない矯正治療を受けたいといった患者さんの選択肢も増えて喜ばれています。また、歯医者さんで前歯だけを並べかえる部分矯正も、比較的簡単にできると喜ばれています。

     

    さらに、金沢市の金澤むさし歯科医院では通院時の毎回の治療費など、歯列矯正に関わる全ての治療費を含んだ金額で見積もりをしてもらえますので、支払いの計画も立てやすくなっています。そのため、月々の調整料や追加費用について心配をする必要がないような料金体系が設けられています。

     

    金沢市の金澤むさし歯科医院では部分矯正治療や裏側矯正などの数多くの症例実績のある歯医者さんです。特に部分矯正治療には自信のある歯医者さんといえます。そして、金沢市にある金澤むさし歯科医院では矯正治療についてしっかりと患者さんへの説明を心がけており、スタッフ一人一人の真心の込もった対応により、インフォームドコンセントを重視した治療が行われています。

     

    金沢市の金澤むさし歯科医院は市金沢駅から歩いて約20分、北鉄バスの武蔵が辻停留所すぐにある通いやすいロケーションの歯医者さんです。急患も随時受け付けられており、治療の流れに関する説明や患者の側からの質問などに対して丁寧に対応してもらえます。その際、できるだけ客観的に伝えることができるよう、矯正治療のメリットだけでなくデメリットもきちんと伝えています。

     

    本来、奥歯の噛み合せに問題があると歯並びが悪くなる原因になり、奥歯の噛み合せからきちんと調整したほうがいいと考えられています。しかし、前歯の見た目だけ気になるので簡単で安価な方法で治療を希望するという場合も多く、金沢市の金澤むさし歯科医院はそのような患者のニーズにしっかりと向き合ってもらえる歯医者さんです。

     

    さらに、金沢市にある金澤むさし歯科医院では長期的な歯の管理にも力が入れられており、治療後も長期的に虫歯や歯周病の検査や治療などをトータルに行ってもらえますので、金沢市の金澤むさし歯科医院は矯正治療を考えている人にはおすすめの歯医者さんです。

  • Q.矯正治療につきものの「抜歯」と「痛み」の悩みについて
    A

    出っ歯、すきっ歯といった歯並びや上下の歯の噛み合わせを治すのが歯医者で行う歯列矯正です。

     

    金沢市には矯正歯科や矯正治療に力を入れている歯医者がたくさんあるので、必ず歯の悩みを解決してくれる心強く頼もしいプロフェッショナルがみつかります。

     

    まず、歯列矯正はワイヤー器具を歯に直接つける方法とマウスピース型の器具を装着する方法の2種類がありますが、場合によっては器具をつける(もしくは作成する)前に抜歯が必要になる場合もあります。

     

    抜歯が必要なのは、まず「あごがせまい」場合です。

     

    あごがせまいと歯がきれいに収まらないため、ある程度のスペースをつくるために最低2本、多くて4本(上下2本づつ、計4本)抜歯をしてから矯正装置をつけるという手順を踏みます。

     

    あごがせまいと矯正後の後戻り(歯が元の位置に戻ってしまうこと)が起きやすいというデメリットもあるので、抜歯をすすめる歯医者が金沢市でもかなり多いです。

    また、歯列矯正の際、1番奥の歯(第2大臼歯)が斜め向きに倒れてしまうというアクシ第2大臼歯は口の歯のなかで2番目に大きく、噛み合わせにとてもおおきな影響がある歯です。

     

    よって、斜めになることを防ぎまっすぐきれいに並ぶよう他の歯を抜歯する場合もあります。

     

    結論からいうと、歯列矯正に必ずしも抜歯が必要というわけではありません。

     

    あごがせまい場合、歯並びが極端にわるく難易度が高い場合、歯医者からみて抜歯が必要であると判断する場合のみ必要ということになります。

     

    必要かどうかは患者自身ではなく、レントゲンや口腔内、歯の状態の検査の結果を基にした歯医者の判断に委ねられます。

     

    その際にしっかりと検査に時間をとって、わかりやすく理解できる説明をしたうえで納得のいく矯正治療プランを提案できる歯医者が選びが大事です。

     

    金沢市、または金沢市近郊の人で歯並びや噛み合わせの悩みを抱えている人は、ひとりで抱えこまず、まずは金沢市内にある歯医者を調べてみて矯正治療に力をいれていたり、HPでの説明がわかりやすく症例などが掲載されている金沢市の歯医者を選んでまずは相談することが歯列矯正成功への第一歩です。

     

    例えば、金沢市にある金澤むさし歯科医院ではヒアリングや説明、また検査にも力をいれているので安心して歯列矯正をうけることができます。

     

    抜歯は誰しもできれば避けたいものです。

     

    しかし、抜歯なくして成功のないパターンもあれば、抜歯がまったく必要のないパターンもあるのでまずは金沢市の信頼できる歯医者に相談し、納得のいく治療をうけるようにしましょう。

     

    矯正治療はワイヤーやマウスピースといった器具を歯に装着するだけなので、虫歯や歯周病の治療とは違い痛みはないのでは?と思いがちですが、じつは多かれ少なかれ痛みを伴います。

     

    個人差はあるものの、ほとんどの人が違和感程度の痛みであったり、我慢できないほどのつよい痛みであったりという不快感を経験します。

     

    金沢市には矯正治療を得意とし、痛みに関しての説明やフォローがしっかりしている歯医者があるので必要以上に心配したり、痛みを恐れて治療を断念する必要はありません。

     

    まず、矯正の痛みとは装置をつけることによる痛みや歯が傷つくといったことによるものではなく歯が動く、正しい位置に移動することによって歯根に違和感が生じるためです。

     

    はやければ矯正装置を装着した直後からじょじょに違和感があり、2、3時間ほど経った頃に痛みを感じるようになり、開始後1週間前後の頃が痛みのピークであることがほとんどです。

     

    ただし、激痛がいつまでも続くということはなくあくまで一時的なもので、矯正がすすむほどに気にならなくなるので、心配しすぎなくても大丈夫です。

     

    金沢市にはたくさんの歯医者があります。

     

    金沢市での歯医者選びは大事なのはまず、矯正治療についての説明を受けた際に痛みについてもしっかりとした説明がある歯医者を選ぶことです。

     

    快適かつ成功する金沢市での矯正治療に信頼と実績は必須といえます。

     

    金沢市には患者の立場になって親身に治療にあたってくれる医師もいれば、なかには不親切な医師もいます。

     

    ひろい金沢市に数多くある歯医者のなかから満足のいく矯正治療をしてくれる歯医者、治療に伴う痛みについての不安や心配を少しでも取りのぞいてくれる金沢市の名医と出会うには、リサーチと決断が重要です。

     

    矯正治療に関してはほとんどの歯医者が相談の段階では費用が発生しないので、まず金沢市にある歯医者、矯正歯科をピックアップし、治療をしたいと思う理由や治療に関しての希望や不明点などを正直に伝え、それに対して納得でき満足できる対応をしてくれる歯医者を選べば、痛みを感じた際のフォローも適切なためストレスや日常生活への支障を軽減することができます。

     

    また、矯正治療中につきものの痛みといえば食事の際、かたいものや噛む回数が多いものを口にしたときの響くような激痛です。

     

    激痛とはいえ個人差があるので、なかには痛みがあまり気にならないという人もいますが多くの人が感じるので、やわらかい食材、口に残りにくい食材をつかった料理を選ぶのがおすすめです。

  • Q.歯周病治療の特徴
    A

    健康な生活を送るためには歯の健康は重要です。

    そのためには歯をしっかりと支えるための歯茎の健康も重要なポイントとなりますが、その歯茎の状態をだめにしてしまうのが歯周病という病気です。

    歯周病とは歯と歯茎の間の隙間から菌が入り込むことで歯や骨を徐々に破壊していく病気で、酷くなると歯が維持できない、出血や痛みを伴うといった状態になってしまいます。そうなってしまうと最悪の場合全ての歯を失うことにもなるので、歯医者に行き適切な治療を行う必要があります。

    歯周病治療の特徴としては、基本的には今ある歯を残しながら歯茎と歯の間に入り込んだ菌を除去していくという治療が基本となり、その過程で歯を残せないようであれば入れ歯にするなどの処置を行うことになります。基本治療において重要になるのがプラークコントロールで、いかに口内の状態を正常に保つかが重要になります。

    それと同時に歯についた歯石の除去も歯医者では行うことになり、歯周病の状態が酷い場合には緊急的な歯科治療も同時に行うことになります。歯周病にも段階があり、初期・中期・後期でその症状は全く異なるため、歯医者で現在の状態を詳しく調べてもらい、段階に合わせた適切な治療を施すことが必要となります。

     

    金沢市の歯医者金澤むさし歯科医院では、この歯周病治療に率先して取り組んでおり、初回は3000円程度の治療費で歯周病治療を行うことが出来ます。

    歯茎の状態がおかしいと感じたらすぐに歯医者に行くほうが歯周病の場合は症状が軽いうちに治療を行うことが出来るため、歯周病が悪化してしまい歯を失うという状態になるのを防げますし、自分で何とかしようと考えるよりも歯医者の専門医に相談するほうが確実に歯周病を治すことができます。

    特に歯周病治療の特徴であるプラークコントロールや菌の除去に関しては、市販薬ではどうしても限界がありますし、正しい治療方法を知らないまま自分で治療を行ってもそれは歯周病を長引かすだけになる恐れもあります。やはり歯医者に相談するということは歯周病を治すためには欠かせませんし、口臭が気になる場合や歯茎から出血する場合や痛みを伴う場合には、歯周病である可能性が極めて高いと言えますので、面倒くさがらずに速やかに歯医者へ行くようにしましょう。

     

    歯医者での歯周病治療は行ったその日からすぐにスタートできますので、歯周病をこれ以上進行させないための防止策にもなるので非常に効果的な治療となります。

  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery

pagetop