金沢で口コミ1位の歯科・歯医者・矯正歯科

診療時間
09:30~12:30 - -
14:00~18:30 - -

☆…金曜午後は17時まで / △…土曜午後は16:00まで

076-222-0418

〒920-0855 石川県金沢市武蔵町1-14 [MAP]

矯正の知識Q&A

お知らせNEWS

つめ物やかぶせ物の寿命

2016年05月19日

虫歯治療などを歯医者で行うとほぼ必ず行われる虫歯後へのつめ物やかぶせ物ですが、このつめ物などの寿命というものはあるのでしょうか。

実はつめ物やかぶせ物にも寿命というものは存在しており、その寿命を決めることになるのは日頃の口内環境にも関係しています。一般的に歯医者で行うつめ物などの寿命は5~10年程度といわれており、これは歯とつめ物やかぶせ物を接着している接着剤の寿命も関係しています。

よくキャラメルなどを食べていてつめ物が取れたということがありますが、これはつめ物の寿命ではなく接着剤の寿命によりつめ物が外れるということになります。この場合にはつめ物自体は問題ない場合が多く、また再度接着すればそのまま継続使用できる場合もありますが、つめ物自体が歯に合わなくなり寿命となる場合もあります。

これは歯が磨り減ったり虫歯になることでつめ物の形状が歯に合わなくなった場合で、この場合にはつめ物を除去し歯医者で治療を再度行う必要があります。つめ物の材質によっても寿命は大きく変化し、近年歯医者での使用が多いプラスチック製のつめ物などの場合は、毎日の歯磨きにより磨り減り寿命を迎えることもあります。プラスチックの場合金属などのつめ物やかぶせ物に比べて耐久性が低く、歯磨きの摩擦で磨り減り寿命となることが多いと言えます。

 

これは必要以上に歯磨きを強くやる過ぎることが原因で、この場合にも歯医者で再治療を行なう必要があります。1つの歯を治療できる回数は決まっているため、かぶせ物などがだめになったから再度治療ということに関しても回数に限界があります。その為つめ物などを出来るだけ長く維持することが重要で、金沢市の歯医者金澤むさし歯科医院では、つめ物やかぶせ物にも力を入れており、フルジルコニアやオールセラミックといったプラークが付きにくく割れる心配も無い長持ちするつめ物やかぶせ物を取り入れた治療を行っています。

 

歯医者で治療を行う場合には、今だけ状態がよくなればいいということではなく、将来的に歯を残せる治療を行ってもらうことが重要となるでしょう。つめ物やかぶせ物の寿命は歯の寿命にも直結すると考える必要がありますし、長持ちするかぶせ物などで治療を行ってもらうことで歯を維持できる期間も延びることになります。

ただし口内環境を正常に保つことも必要不可欠となりますので、それに関しても歯医者に相談して常に良い状態を保てるようにしましょう。

  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery
  • 医療法人社団よつ葉会 金澤むさし歯科医院Gallery

pagetop